リストラの基礎知識ナビTOP > 労働者保護のしくみ > 「不利益変更法理」について

「不利益変更法理」についてについて

 

みなさんは、「不利益変更法理」という言葉を聞いた事はありますか?

 

使用者側の一方的な賃金カットは、違法行為であるはずなのに、リストラによって賃金カットが行われるのはなぜなのでしょう。

 

賃金の引き下げを行うには、労働組合との協議・交渉の実施や就業規則の変更が、必要です。

 

労働契約法では、労働者の合意がなくて、使用者が就業規則を変更し、労働者にとって不利益な労働条件にすることはできないと定めているのです。

 

労働者の合意を得ずに、賃金引き下げのための就業規則を変更するのは「高度の必要性」に基づいた「合理的な内容」の理由が、なければいけないのです。

 

これを「就業規則の不利益変更法理」といって判例などによって、七つの判断基準が示されているのです。

 

1.就業規則を変更することによって、労働者が被る不利益の程度
2.使用者側の変更の必要性の内容と、その程度
3.変更後の就業規則の内容の社会的な相当性
4.代償措置や関連する他の労働条件の改善状況
5.労働組合または、労働者との交渉の経緯
6.他の労働組合または、他の従業員への対応
7.同種事項に関する同業他社における一般的状況

 

難しい表現が並びますが、労働者に不利益な変更をせざる得ない会社の経営状況に関する「必要性」、使用者の恣意的な不利益変更ではないことなどの「合理性」を労働組合または労働者に、しっかりと説明しなければいけないということなのです。

 

これらが、認められない場合には、賃金カットも認められないのです。

 

リストラとして、一方的な賃金カットをされた場合には、泣き寝入りをせずに、使用者にその説明を求めるようにしましょう。

 

リストラの現実記事一覧

「解雇予告手当」とは?

みんさんは、「解雇予告手当」の事をご存知ですか?「解雇予告手当」について、ここではもう少し詳しくご紹介していきましょう。リストラによる解雇では、この解雇予告手当が、...

解雇の制限って? @

みなさんは、解雇の制限を知っていますか?労働基準法は、経営者よりも、弱い立場にいる労働者を保護するための特別法なのです。解雇についても、労働基準法第19条で、以下の...

解雇の制限って? A

みなさんは、解雇の制限がいろいろとあるのをご存知ですか?次のような場合も、労働基準法などによって、解雇を制限しているのです。◆労働者の国籍、信条や社会的身分を理由と...

「不利益変更法理」について

みなさんは、「不利益変更法理」という言葉を聞いた事はありますか?使用者側の一方的な賃金カットは、違法行為であるはずなのに、リストラによって賃金カットが行われるのはなぜなので...

労働条件の不利益変更について

みなさんは、労働条件の不利益変更について、何を知っていますか?、リストラにより、不利益変更される労働条件は、決して賃金カットだけではないのですよ。そのほかの労働条件...

「早期退職者優遇制度」について

みなさんは、今までに「早期退職者優遇制度」というのを聞いた事はないですか?リストラの一環で行われる「希望退職者制度」と、よく似たものの中に「早期退職者優遇制度」というものも...