リストラの基礎知識ナビTOP > リストラに関するQ&A > 失業保険の受給は?

失業保険の受給は?について

 

みなさんは、失業保険の受給について、きちんと調べていますか?

 

リストラによって、解雇通告や退職勧告などを受けて、会社を辞めざるを得ないことが確定したら、すぐにでも生活の維持するための対策に移ります。

 

ショックで落ち込むのは初めだけにしておいて、気持ちを切り替えて、次のステップを踏み出しましょう。

 

生活を維持するためには、何よりもお金が必要なのですから。

 

リストラされた場合、まず初めに思い浮かぶお金とは、失業保険の給付金ではないですか。

 

失業保険を受給するには、失業保険の認定を受ける必要があるのです。

 

失業保険の認定・・・失業している状態が継続していることを認めることであって、さらに、失業期間中に就職活動を自発的にしていた証明も必要です。

 

失業保険の認定までの流れを、簡単にまとめてみました。

 

・ハローワークで、求職活動を証明するための書類である「失業認定申告書」を受け取りましょう。

 

・所定の項目を記入して「雇用保険受給資格者証」とあわせて、窓口に提出しましょう。

 

・窓口で書類の確認が行われて、求職活動中と認められれば、失業保険の受給が確定するのです。

 

問題なく、順調に進めば、認定の作業は、30分ほどで終わるのです。

 

その後は、4週間に一度、ハローワークへ出向いて、失業中であることの承認を受けなくてはいけないのです。

 

また、どのくらいの期間にわたって、きちんと求職活動を行ったのかの報告も、しなければいけないのです。

 

実際に、企業の面接などを受ける行為だけでなく、ハローワークで開かれる講習会に参加したり、各種の検定や国家試験の受験、ハローワーク職員への就職についての相談などの行為も求職活動と認められるのです。

 

リストラの現実記事一覧

失業保険の受給は?

みなさんは、失業保険の受給について、きちんと調べていますか?リストラによって、解雇通告や退職勧告などを受けて、会社を辞めざるを得ないことが確定したら、すぐにでも生活の維持す...

「希望退職者制度」は?

みなさんは、「希望退職者制度」について、どのようなことを知っていますか?業績不振に陥った企業の中には、整理解雇などを行う前段階として、希望退職者を募る対策をとる場合もよく見...

「賃金の五原則」ってなに?

みなさんは、「賃金の五原則」って、ご存知ですか?労働基準法第24条で定められている「賃金支払いの五原則」について、もう少し詳しく見ていきましょう。【通貨支払いの原則...

賃金は?

みなさんは、賃金カットという言葉はもう聞きなれていますか?リストラによって、賃金やボーナスがカットされた話もよく耳にしますよね。では、賃金とは、一体どういうものなの...

「懲戒解雇」は?

みなさんは、さすがに「懲戒解雇」はご存知ですよね?整理解雇として、従業員のリストラを行うことができないとなった場合、なんらかの理由にかこつけて、懲戒解雇を行って、リストラを...

「整理解雇」とは何?

みなさんは、「整理解雇」とはどういうことかわかりますか?リストラ解雇とも言われる整理解雇は、普通解雇に含まれるものですが、法律上の用語ではないのです。裁判の判例や過...

解雇って?

みなさんは、解雇って、聞いてどのようなイメージが浮かびますか?リストラによる転籍や賃金のカット、減給なども、生活への打撃は免れません。やはり、一番大きな影響を与える...

「普通解雇」とは?

みなさんは、「普通解雇」という言葉は聞いた事はありますよね?普通解雇とは、労働者の労働能力の低下や労働適性の欠如、勤務態度不良など、労働者に起因する理由で行われる解雇のこと...

レイオフって?

みなさんは、レイオフってご存知ですか?企業におけるダブルスピークには「リストラ」のほかに「レイオフ」という言葉もあるのです。「layoff」と表記されて、本来は、再...